[ことばのちから]タグについて :: ワインの仲間山梨基金

「ことばのちから」レタープレスタグの印刷について。

「ことばのちから」レタープレスタグは、東京・鳥越にあるちいさな印刷所「大伸印刷」にて、活版印刷(レタープレス)の技法を用いてつくられています。造り手や売り手のみなさんから預かったメッセージはこの印刷所で一文字づつの活字となり、枠に配置されていきます(組版)。

そのようにして組まれた原版からは一枚づつ丁寧に印刷が行われていきます。

最新の印刷からすれば時間も手間も必要とされる技法ですが、力強く押されたコトバが放つ独特の魅力はワインの造り手や売り手の気持ちを伝える最高の方法ではないかと私たちは考えました。

造り手のキモチ、売り手のキモチ、印刷職人のキモチ。このタグからそんなキモチたちが発信できれば幸いです。

後日、このホームページで「ことばのちから」レタープレスタグ印刷の模様を報告いたします。

大伸印刷 三代目 大澤伸明 

東京の下町は鳥越には まだ活版職人が残ってます。 
“古き良き時代”を受継ぐあなたの街の印刷屋さん。

1966年生 出版会社丁稚奉公ののち、家業の活版印刷業に入る
2010年 朗文堂 「凸凹活版フェスタ」出展
2011年5月 賛同するデザイナー・クリエーターたちと「活版アートのチカラ展」を開催
kappan-art-banner.jpgkappan-art-banner.jpg