発起人 :: ワインの仲間山梨基金

設立経緯(代表長谷部より)

全ては 「何かしなくちゃ」  この思いからはじまりました。

3月11日 午後2時46分発生した国内観測史上最大の「東北地方太平洋沖地震」

地震発生後、時間経過と共に放送されるテレビニュースでは、地震と津波によって一変してしまった被災地の被害拡大状況を伝えていました。
こんなにも心が苦しくなる映像を見たことがありません。映画やCGであって欲しいと空しい願いの中で、溢れる涙と震える手を抑えることが出来ないまま呆然とテレビを見つめていました。
失意の中、どれだけの時間その映像を見ていたか分かりませんが、

「何かしなくちゃ・・・」 
「被災地の方のために自分が出来ることを考えなきゃ・・・」

そんな思いが湧き上がり、いっぱいいっぱい考えました。
考えた結果、ワインの世界で生きる人間として、「私が生まれ育ったここ山梨のワインを通じて力になりたい」ということでした。
ワインしか取り柄の無い私ですが、幸いにも山梨のワインに大きな情熱を注ぐ素晴らしき仲間がいます。その仲間に、「ワインを販売・消費していく中で、被災地に義援金を送る活動をしたい」旨と協力を呼びかけ、賛同を頂いたことがきっかけとなり「ワインの仲間山梨基金」がスタートしました。

「ワインの仲間山梨基金」の発起人には、本業としてワインに携わることのない人もいますし、この基金を通じてはじめて知り合った人もいます。
仲間は仲間を呼び、そして新たな仲間となります。 はじまりはワインですが、山梨にはブドウ、桃、印伝、ジュエリー等などたくさんの良品があります。今後私たちは更に多くの仲間を集い、「やまなしの良いモノ」を通じて、被災地そして被災された方々の力になりたいと考えています。

ひとりがひとりが出来ることは小さいことかもしれません。しかし仲間が集まればやがて大きな力となります。私たちはこれからも、山梨から愛をこめて精一杯のエールを送り続けていきます。

被災地に1日でも早く、安らぎと心から笑える時が来ますように。

ワインの仲間山梨基金発起人(50音順)

青木 茂樹 Shigeki Aoki

天野 信一郎 Shinichiro Amano

杉山 啓介 Keisuke Sughiyama

鈴木剛・順子 Tsuyoshi/Junko Suzuki

出羽 ゆかり Yukari Dewa

東條 正人 Masahito Tojo

戸澤 一幸 Kazuyuki Tozawa

仲田道弘 Michihiro Nakata

長谷部 賢 Ken Hasabe

花田 隆貴 Takaki Hanada

堀内 茂毅 Shigeki Horiuchi

ワインの仲間山梨基金発起人(50音順)

大伸印刷